ペラサイトで稼ぐ本質を考えてみた

ペラサイトは量産が必要だと、耳にされているかたも多いと思います。

いわゆる、数打ちゃ当たる方式と勘違いされているかたも多いのではないかと思います。

だけど、ペラサイトは作って終わりではありません。

「ペラサイト量産」とは、最初だけ1ページの簡単なサイトを作って量産し、そのうち上位表示が見込めそうなサイトにのみ注力して、ページを追加したり、コンテンツを作りこんでいくという手法です。

ここを勘違いしてはダメです。

「ペラサイト量産で稼ぐ」戦略の本質をひとことで言えば....

最初に稼ぎの種を大量にまいてみて、そのうち育ちそうな芽が出てきたところにのみ、集中して水や栄養を与え、一気に大きな木に育てていくという考え方です。

この考え方は、ペラサイト量産に限らず、ビジネス全般に通じるとても大事な考え方ともいえます。

ペラサイト量産は、アフィリサイト作成の練習でもある

SEOに特別な裏技やノウハウなどありません

ビジネスでも恋愛でも何でも同じですが、最初からすべてが100%上手くいくなんてことは絶対にありません。

特にSEOの世界ではそれが顕著です。

方法論はたくさんあっても、必ずあてはまるというものでもなく、絶対に上位表示できる方法はありません。

どんなSEOの達人であっても百発百中のSEOなどないと思って下さい。

SEOというのは、世界トップレベルの技術者達が、数兆以上のビックデータをもとに構築したもので、普通の人の数千や数万規模のデータで簡単に攻略できるものではありません。

そういう私にも、SEOのことなんて、一般のかたがやることと同じレベルでしか理解できていないのではないかと思います。

SEOに裏技や特別なノウハウなんてないと思っておいたほうがよいです。

そのため、アフィリエイトサイトは、最初に大量に種をまいてみて、芽が出てきたところにのみ注力して、そこを一気に大きく育てるという考え方が大事なのです。

一生懸命に、百発百中で稼ぐいい方法がどこかにないか?

そんなことばかり考えていらっしゃるかも知れませんが、インターネット関連のビジネスに関しては、なぜかそういう思考回路のかたが多くいらっしゃいます。

もう一度言っておきますが、SEOに裏技や特別なノウハウなんてありません。

 

 

勝ちパターンを見つけるためにサイトを量産する

アフィリエイトを始めるには、ペラサイト量産から入ったほうがいい理由として、「数稽古」という意味もあります。

イチローだって最初から安打を量産できたわけでも、芸術的なプレイができたわけでもありません。

最初は地道にコツコツと練習を毎日やっていた過程があるはずです。

アフィリエイトだけが特別なものではなく、最初から大きく稼げるサイトをいきなり作れるはずもないのです。

最初はペラサイトをコツコツと作って練習していく必要があります。

普通の仕事だって「熟練の技」という言葉があるくらいです。

100個、200個とペラサイトを量産していくうちに、ポツポツと売れるサイトが出てくるはずです。

そしたら、そのサイトを分析して自分の勝ちパターンをみつけます。

どうやったからうまくいったのか?

そういう、あなたなりの勝ちパターンが必ず見つかります。

あとはその勝ちパターンで量産していけば、一気に報酬は拡大していきます。

野球で言えば素振りをするのと同じで、ペラサイトを量産することは仕事の腕を磨くことと同じです!

スポンサーリンク

ペラサイトも大型サイトも根本は同じ

「ペラサイト量産」と聞くと「量産はちょっとしんどいなぁ…」という人は必ずいます。

が、インターネットビジネスで稼ぐためには量産が絶対に必須です。

むしろ「量産」できることこそ、ネットビジネスの真骨頂ともいえるのです。

フランチャイズ店の拡大をイメージしてみて下さい。

自分の稼ぎの元を「量産」していくことでネットビジネスは自分の限界以上に無限大に拡大していけます。

「量産」と聞くとなぜか抵抗がある人が多いようですが、ネットビジネスのすべては、「量産」によって成り立っています。

今流行のオウンドメディアのような大型サイトであっても「記事の量産」が必要ですし、PPCやYDN、Facebook広告などのアド運用であっても「広告出稿の量産」が必要です。

「ペラ」という言葉がいけないのかも知れませんが、ペラサイト量産と聞くと、いい仕事をしていない印象で考える人が多いように思います。

でも、ペラサイト量産で稼ぐ戦略は、オウンドメディアなど大型サイトの戦略と本質的には同じなのです。

作成した記事を1つのドメインにいれるか、大量のドメインにいれるか、どこに記事を投下していくかだけの違いで、やっていることに違いはありません。

 

 

初心者が最初から綺麗な大型サイトを作れるか?

もう一つ、ペラサイト量産からはじめるべき理由としては、そもそも初心者が最初から大きくて綺麗なサイトを作れますか?

ということなんです。

たぶん無理です。

量的にできても、きっと、センスのないサイトが出来上がってしまいます。

いくら、記事の内容が全てだといっても、人が人を評価することと同じで、見てくれはとっても大切なのです。

Googleに嫌われることに一番重きをおいている人も多いですが、結局、サイトを見るのは「人」ですから。

私も、その昔は大きくて綺麗なポータルサイトを作りたいと思いつつ、なかなか上手くいきませんでした。

時間をかけて作ってはみたものの、気に入らなくて自分で潰したりして…

 

例えば「ダイエット」と検索してみてください。

上位にはアフィリエイトサイトもありますが、すごく綺麗で大きなサイトが多いのではないでしょうか?

あんなサイトを初心者が作ることはできません。

いくらお洒落な有償のWordPressテーマを買ったからといっても、サイト制作の経験が足りないのですから、見栄えの悪いサイトしかできないのです。

「ダイエット」という検索クエリには、検索ユーザーのいろいろな検索意図が含まれています。

「エステサロン」だけでなく、「脚やせ」、「酵素」、「モデルのスタイル」、「痩せる方法」、「リバウンド」etc......

あげれば、数百を超えてしまいます。

これらの検索意図をすべて網羅するようにコンテンツを作っていかないといけません。

初心者さんが最初からこれをやろうとすると、ほぼ100%失敗します。

そもそも大きくて綺麗なサイト作れないですし…

 

いやいや、そんなにキーワードを網羅しなくていいよ。

お宝キーワードさえ、ヒットしてくれたらいいからと思うかも知れませんが

そうだとしたら、大きなサイトなど作る必要もありません。

サイトの規模は、狙うキーワードによって変わる

サイトの規模は、狙うキーワードによって変わってきます。

 

例えば「ミュゼ 赤羽」という検索クエリの検索意図というのは、非常に限られています。

ピンポイントにミュゼ赤羽店で脱毛したいから口コミを探していたり、行き方を調べているということなのです。

この「ミュゼ 赤羽」という検索クエリの検索意図をみたすためのサイトというのは、数ページ程度のペラサイトでも十分なはずです。

大事なことは、作るべきサイトの規模というのは、狙うキーワードによって変わってくるということです。

初心者さんは数ページ程度のペラサイトで十分なキーワードを狙っていくことが、稼ぎの近道ですし、サイトも作りやすい。

そう考えればいいと思います。

ペラサイト量産のメリット

ペラサイト量産はリスクが低く、報酬が安定しやすい!

ペラサイト量産の最大のメリットとしては、リスクが低く報酬が安定しやすいということがあります。

実際、2011年にペラサイト量産を開始し、2012年に月100万を突破した後、6年以上にわたって安定的に稼ぎ続けており、月100万を下回ったことというのは6年間の間に1回ぐらいしかありません。

実は、ペラサイト量産というのは、今流行のオウンドメディアよりも報酬は安定しやすいといえます。

「えっ!?、ペラサイトがオウンドメディアよりも報酬が安定しやすいの?」と、意外に思われる方も多いと思いますが、こんな理由があります。

アフィリエイトサイトはいつまでも上位にいれない!

大型のオウンドメディアは自作自演のリンク対策もしていないのだから、Googleに目をつけられて飛ばされる心配なんてないと思う人もいるかもしれません。

私はそれは甘いと思っています。

というのは、オウンドメディアだろうが何だろうが、アフィリエイトサイトというのは、本質的にはGoogleのいうところのブリッジページだと思います。

つまり、広告主の公式サイトに飛ばすためのページです。

もちろん、サイトに付加価値をつけるように努力はするわけですが、そうは言っても結局はアフィリエイトサイトです。

自作自演のリンク対策をしていようがなかろうが、とくに品質に関する手動ペナルティを喰らう可能性は十分にあります。

また、Googleのアルゴリズムというのは日々変動しています。

ホワイトハットのサイトであっても、そのアルゴリズム変動の影響からは決して逃れられません。

結局のところ、アフィリエイトサイトというのはいつか飛ぶものという認識を持っておくことが必要であり、この先、何十年も稼ぎ続けてくれるなどとは思わないほうがよいです。

ホワイトハットのサイトとは?
Google 検索エンジン が推奨する検索ルール( アルゴリズム )に従い、自分のホームページや ブログ を 検索エンジン のランキング上位に表示させるために行うさまざまな 検索エンジン最適化手法や技術に腐心して作り上げているサイトのこと。

量産されたペラサイトは、キャッシュポイントが分散しているので変動に強い!

ペラサイト量産戦略の場合、月数万円から数十万円を稼ぐサイトが、大量にあって、全体として月100万円以上を稼いでいるような感じとなります。

そのため、たとえ1つのサイトが飛んでしまったとしても、全体に与える影響はほとんどありません。

実際には、あるサイトが飛んだら、別のサイトが代わりに上がってくるということも結構あります。

ペラサイト量産戦略は、もともと稼ぎの元を分散しているために、ちょっとしたGoogleのアルゴリズム変動や手動ペナルティなどの環境変化があっても、影響を最小限度にとどめることができるのです。

 

 

ペラサイトをつくるならこれ

ペラサイトを作るなら「SIRIUS(シリウス)」と言われるくらい、アフィリエイトを少しかじったかたなら、SIRIUSというサイト作成ソフトの名前を思い浮かぶかも知れません。

でも、現在、WordPressを使っている方にはお薦めしません。

私も上位版シリウスを持っていますが、結局、ペラサイト含めサイト作りには一度も使ったことがありません。

個人的な見解で申し訳ないのですが、デザインがダサくて気に入らなかったのです。

提供されているヘッダーのデザインなど、どこの素人が作ったのかというセンスのなさに「なんだこれは??」と....

ビジネスのメインの一つとして、ウェブサイト制作をしている私の会社からすれば、覚えたての素人が作ったようなデザインとしか思えません。

してはいけないのですが、いらないのでメルカリに売りに出したいくらいです。

でも、買ってしまったのです.....  どんなソフトか知りたくて.....

結局、ペラサイト作成に何を使ったかというと、無料テーマの「Simplicity」で、ヘッダーを自分でデザインするなどしてペラサイト向けにカスタマイズしました。

ただ、これはいいいな!とわかって、すぐに切り替えたのが、エッジプラス 1 」です。

このテーマは、「SIRIUS(シリウス)」のWordPress版と思ったほうがいいでしょう。

なので、WordPressを使い慣れたかたが、わざわざ「SIRIUS(シリウス)」を買って使い方を覚えるために時間を割くより、「 エッジプラス 1 」を買って、ペラサイトに使う、あるいはブログアフィリにも使うという両方の使い方をすれば、お金も時間も損がありません。

けっして「SIRIUS」が悪いと言っているわけではなく、それなりに優秀なサイト作成ソフトだと思います。

ただ、「SIRIUS」で作ったからと言って稼げるわけでもありませんから、WordPressを常日頃使っている人にとって、どっちが得で損がないかだけで言っているだけです。

よく「SIRIUS」で作ったサイトだから稼げたと言って、シリウスを薦めていますが、それは単なる商品の売込みにしか過ぎません。

サイトが良かったから稼げたのであり、たまたまそれを「SIRIUS」で作っただけのことで、「SIRIUS」だから稼げたのではありません。

既にWordPressを常用している方であれば、「 エッジプラス 1 」がいいと個人的には思います。

アフィリエイトを始めようと思ってはいるけれど、まだ、なんにもソフトを使った経験がないという人であれば、「SIRIUS(シリウス)」か、エッジプラス 1 」のどちらかを選択するのもありかと思います。

ペラサイト作るなら、東の横綱「SIRIUS」に対して、西の横綱「エッジプラス1」ってところでしょうか。

ただ、「SIRIUS(シリウス)」は、機能的には優れていても、提供されるヘッダー画像や見出し、あるいはテンプレートの色づかいなど含め、サイトデザインが洒落ていないということを受け入れるつもりで購入されたほうがよろしいかと思います。

※この商品には、陽向塾推奨の会員コンテンツ「メールワールド」参加権利の特典がついています。購入時に特典の表示をお確かめ下さい。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事