会社の主な収益事業のひとつとしてPPC広告事業がある。
主に使っているのは、Yahoo!プロモーション広告と、GoogleAdWordsだ。

PPC広告とは「Pay Per Click」の略称で、「クリック課金型」の広告である。
厳密にいうと、PPCとリスティング広告は違う。

例えば、「Yahoo!プロモーション広告」の商品の中に、バナーでお客様にPRすることができる広告があるが、こういう商品もユーザーのクリックに応じて課金されるためPPC広告だ。しかし、検索結果に表示されている広告ではないので、リスティング広告とは言えない。
リスティング広告は、登録した検索キーワードに一致(完全一致や部分一致、あるいはフレーズ一致)すればキーワードごとに設定した入札金額によって出稿した広告の表示位置が決まり、表示される。
いわゆる「検索結果に表示される広告」をリスティング広告と言い、PPC広告は「クリック課金型広告全般」を指す。

いずれにしても、インターネット広告が広く普及したのは、この“成果に対してのみ課金すれば良い”という広告手法の要素が支持されたということにつきる。

ちなみに、今はおせちを中心に広告出稿を行っている。こういう事業では年間を通じてのイベント、旬な商品等、売れるタイミングを逃さないことも重要である。